vol.20 Alo=お金を持つ?

今筆者はハノイに出張中です。町中を歩いていたら面白い張り紙を見つけたので紹介します。

張り紙には「A lô là có tiền」とあります。どういう意味だかわかりますか?これはベトナム語の基本知識があれば解けますよ。

まず「A lô」は電話で受け答えする時の最初の応答語。日本語で言うと「もしもし」にあたる。さらにそこから転じて「電話をかける」とか「コールする」とかいう俗語的な意味で使ったりもする。

「là」はtôi tên làの時と同じ考えで右の語句と左の語句を結ぶ「=(イコール)」の役割を持つと考えよう。そして「có」は「持つ」、「tiền(漢越で【銭】)」は「お金」という意味なので直訳すると、「電話をかけたらお金が手に入る」となる。意訳すれば「電話で即融資」といった感じだろうか。

要するに「A lô là có tiền」は消費者金融の張り紙のことでした。日本でも時々電柱とかに貼ってあったりするあれと同じです。「A lô」という単語を使うことで電話することへの気軽さをアピールし、「có tiền」という単語を使って、金が手に入るという結果をわかりやすく示している。そして文の言葉の響きも良い。このようになんとなく目にとまりやすい工夫もしている。

まあこんな張り紙をみて電話する人なんて本当にいるのかわからないけど、もし気になった方は「A lô」してみてください笑。

Pocket

2 件のコメント

    • A lô là có tiềnはとても面白い表現ですよね。たしかにこういうところからお金を借りるのはとても危ないですね。日本にもこういう会社はありますが基本的にお金は借りないほうがいいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です