vol.55 漢越の持つイメージ

スポンサーリンク




漢越語には純粋ベトナム語と比べて「形式的、格調高い、丁寧、小難しい、かっこつけ」といったイメージがあります。

例えば「国」という意味の単語は漢越語の「quốc gia【国家】」と純粋ベトナム語の「nhà nước」の2つあります。

意味はほとんど同じですが、ベトナム人は「quốc gia【国家】」のほうが「nhà nước」よりも形式ばっていて硬い印象を持ちます。これはちょうど日本人が「国家」と聞いたときと「くに」と聞いたときの印象の違いと似ていますね。

もうひとつ、「言葉」という意味の単語は漢越語の「ngôn ngữ【言語】」と純粋ベトナム語の「tiếng」の2つに分かれます。tiếngは日常会話などの話し言葉でよく使われ、漢越語のngôn ngữ【言語】は文書などの書き言葉でよく使われます。

他にも意味が同じで漢越語と純粋ベトナム語の2パターンに分かれる単語がベトナム語には結構あります。

意味漢越語純粋ベトナム語
nguyệt【月】trăng
kim【金】vàng
vân【雲】Mây

上の例のnguyệt【月】とtrăngのイメージの違いは、日本語の音読みの「ゲツ」と訓読みの「つき」の関係と似ています。

「ゲツ」よりも「つき」のほうがやわらかいイメージを持つのと同じように、ベトナム語でもnguyệt【月】よりもtrăngのほうが形式ばらない言い方になります。

まとめ

漢越語と純粋ベトナム語は日本語の漢語と和語の関係のように意味は似ていても使うときの役割とイメージが異なります。

漢越語は純粋ベトナム語よりも「形式的、格調高い、丁寧、小難しい、かっこつけ」といったイメージを持つことを覚えておきましょう。

Pocket

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.