vol.72 発音は4つのパーツを覚えよ

4つの発音パーツ

vol.70 ベトナム語をカタカナで覚えてはならないワケ ~音のしくみから考える~で述べたようにベトナム語は1単語=1音節(母音と子音などで構成された、一つの音のかたまり)でできています。さらにその一つの音節は以下の4つのパーツに分けることができます。

④声調
①頭子音 ②母音 ③末子音

すべてのベトナム語の単語は必ず上の骨組みでできています。①の頭子音が「頭」、③の末子音が「足」、②の母音と④の声調が「胴体」みたいなものだと思ってください。

ちなみに頭子音(とうしいん)とは単語の頭にくる子音のことで、末子音(まつしいん)とは単語の最後にくる子音のことです。
ベトナム語の発音がきちんとできるようになるためにはこの分解された4つのパーツをそれぞれ覚えなければなりません。

では単語がどのように分解されるのか実際に分解例をいくつか見てみましょう。

◆分解例◆

・nhậtの場合

④重い声調(やくざの声調)
①頭子音[nh-] ②母音[â] ③末子音[-t]

・xinの場合

④平らな声調(宇宙人の声調)※1
①頭子音[x-] ②母音[i] ③末子音[-n]

※1 文字表記では声調がないように見えますが平らな声調(宇宙人の声調)の場合は文字表記をしないだけでちゃんと声調は存在します。

・phởの場合

④問う声調(憂鬱な声調)
①頭子音[ph-] ②母音[ở] ③末子音なし

・nguyễnの場合

④倒れる声調(セクシー声調)
①頭子音[ng-] ②母音[uyê] ③末子音[-n]

・ýの場合

④鋭い声調(驚きの声調)
①頭子音なし ②母音[y] ③末子音なし

普段の勉強では上のように分解できる必要はありません。すべてのベトナム語の単語が4つの要素で構成されているということがわかれば十分です。

①の頭子音と③の末子音は単語によってはない場合もありますが②の母音と④の声調はどの単語も必ず持っている必須のパーツです。だから一番最初に発音のコアとなる母音と声調をおぼえなければならないのです。

母音と声調の解説はすでにこのサイト内にあるので以下を参考にして勉強して下さい。

・vol.4 声調は「宇宙人」「なだめる」「驚き」「憂鬱」「セクシー」「ヤクザ」!?

・vol.18 母音総まとめ ~母音の理解なくしてベトナム語の上達なし~

まとめ

・すべてのベトナム語の単語は[①頭子音+②母音+③末子音+④声調]の4つの発音パーツからできている。
・ベトナム語の発音を勉強する=上の4つのパーツを勉強する、ということ。
・まず最初に胴体部分となる②の母音と④の声調を覚えなければならない。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です