vol.57 漢越の勉強法

   

photogrid_1481458374606-768x1148

ベトナム語の勉強では常に漢越を意識しなければならないというのはわかったけれど、では具体的にどう勉強すればよいのか、今回はそれを考えよう。

おすすめしない漢越の勉強法

よくありがちなのが【王】=vương、【学】=họcというふうに1つの漢字に1つのベトナム語をセットで覚えていくという方法だ。

以前筆者は日本の常用漢字約2000語を全部漢越語に直し、1つの漢字に1つのベトナム語の要領で漢越2000語を頑張って全部覚えようとしたことがある。

img_20161004_1820422

↑当時作った漢字とベトナム語の対応表

しかし勉強していくにつれ、この勉強法はものすごく大変なわりにあまり効率が良くないことに気づいてしまった。理由は以下の通りである。

①1つのベトナム語に複数の漢字のパターンがあるから

例.vũには【武、宇、羽、舞、雨】の5つの漢字がある。

②1つの漢字に複数のベトナム語のパターンもあるから

例.【分】という漢字にはphân, phần, phậnの3つのベトナム語がある。

③日本語ではよく使う漢字でも、その漢越はほとんど使わない場合があるから

例.日本語で【早】という漢字はよく使ってもそれに対応するベトナム語のtảoは日常生活ではほとんど使わない。

必ずしも1つの漢字に1つのベトナム語というわけでもないし、覚えても実際には使わない漢越が多々あったりして、この方法は勉強にかける時間の割にあまり成果が出なかった。

というわけで「1つの漢字に1つのベトナム語」式勉強法はおすすめしない。

辞書を引くことから始めよう

1つの漢字に1つのベトナム語で漢越を覚えていく方法がだめなら一体どうやって漢越を覚えていけばいいのだろうか。

筆者がおすすめするのは「出会った単語を越日辞書で調べ、漢字と単語の意味をセットにして覚える」という方法だ。

例えば、giải thíchという単語に出会い、それを辞書で調べる。意味が「説明する」、漢字が【解釈】、とのっていたとする。

img_20161211_1847292

その時[giải thích=【解釈】=説明する]というふうに、[ベトナム語ー漢字ー意味]の3点セットで覚えることをおすすめする。【解】=giải、【釈】=thíchと単体で覚えるよりも単語や意味とセットで覚えたほうが実用的だし効率良く漢越を覚えられるはずだ。

辞書でいちいち漢越を調べるのは地道な作業で最初は大変だが、ある程度漢越を覚えてくると、この単語は漢越ぽいなとか、この単語は純粋ベトナム語っぽいなとかがわかってくるようになる。

まとめ

漢越の勉強はまず辞書を引くことから始め、[ベトナム語ー漢字ー意味]の3点セットで地道に覚えていこう。

参考 辞書について

辞書に関しては以前紹介した『詳解ベトナム語辞典』が一番オススメだが、いかんせんこの辞書は3万円と高いので、金銭的にきつい人はベトナムでも売っている安い日越辞書(từ điển Việt Nhật)でもいいのでとにかく辞書を買ってほしい。

ただし必ず漢越がある辞書にすること(まともな辞書なら単語のすぐ横に【】つきで漢越がのっている)。
ちなみにケータイのアプリでもいくつか日越辞書はあるが、漢越がないものもあるし、網羅性、訳の正確性に欠けるので今のところは紙の辞書を使ったほうがいいかもしれない。

Pocket

 - 学習法, 漢越