vol.26 [ra]は「ラ」じゃない

日本人にとって難しいと言われる英語の[r]の発音。実はベトナム語の[r-]でも南部弁及び正書法発音では英語と同じ[r]の発音をする。この[r]の発音は他のベトナム語の子音や英語の発音にも応用できるのでぜひマスターしよう。

④[r-]の発音

種類 発音方法 音声 ※「ra」で発音しています。
北部弁 「ザ」行
南部弁 英語の[r]と同じ
正書法 英語の[r]と同じ

☆南部弁、正書法の[r-]の発音のコツ

・[w]の口にして(口を突き出して)、最初にかすかな「ゥ」を入れて「ゥラー」といってみる
・舌先を上顎のどこにも触れさせない

r

[ra]という単語を発音する場合、最初にwを加えるつもりで「wra(ゥラー)」と言ってみる。日本語の「ラ」行では、舌先が上顎にぶつかり、「L」の音になってしまうので舌先を口の中で触れないように、巻き舌気味で舌を縮ませて言うこと。口を突き出しておくと、口の中で舌先が触れにくくなるはずだ。口の中にこもるかんじで「ラ」行が聞こえればオッケーだ。

[s-]と[tr-]は[r-]の発音が基本になっている

ちなみに今後勉強する[s-]と[tr-]の南部弁、正書法発音は、今回の[r-]の発音が応用されているので[r-]の発音ができないと他の発音も難しくなる。ベトナム語の[r-]の発音は大事なのでたくさん練習しておくこと。北部弁のみを話すつもりなら今回の[r-]は「ザ」行だと覚えておけばいいのでとても簡単だ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です