「 発音 」 一覧

PhotoGrid_1484483629362-768x1079

vol.92 GACKTからのアドバイス

  2017/01/15    学習法, 発音

先日youtubeで正月番組の「芸能人格付けチェック」で、GACKTすげーってなかんじで見てたら、ちょうどその関連動画にGACKTが外国語学習について的確なアドバイスをしている動画をたまたま発見しましたのでみなさんに紹介したいと思います。

hqdefault

vol.89 「ザ」なのか「ヤ」なのか

  2017/01/12    子音, 発音

子音の[d-]、[gi-]の発音を紹介します。[d-]と[gi-]は北部弁ではザ行になり、南部弁ではヤ行になります。[d-]、[gi-]の音がザ行なのかヤ行なのか聞き分けできるだけでも北部の人か南部の人かがすぐわかるのでベトナム人の会話を注意して聞いてみよう。

photogrid_1483951038904

vol.87 ベトナム語とカンボジア語は似ている!?

  2017/01/10    発音, 豆知識

ベトナム語と単語や発音が似ている言葉として中国語由来の漢越がよく話題に上がります。すでにこのサイトでも何回も取り上げてきました。しかし実はベトナム語に似ている言語がもうひとつあります。それはカンボジア語(クメール語)です。まずはどれくらい似ているか実際にそれぞれの単語の発音を聞いてみてください。

photogrid_14839476149792

vol.86 時には妥協も大事!? ~[x-]と[s-]の区別~

  2017/01/09    子音, 発音

子音の[x-]と[s-]を紹介します。[x-]は日本語の「サ」行でOKです。最初はxaを「サー」と読むことに戸惑うかもしれませんが、使っていればすぐになれます。[s-]のほうは正書法や南部弁ではちょっと難しいです。[r]の発音の時のように舌を巻いて「サー」と言います。少しこもったかんじの「シャ」になればOKです。

9034ab1e24afe4d64fdf01da0d79c87d-800x533

vol.83 Việt Namは「ヴィェッナー(厶)」と読む!?

  2017/01/06    子音, 発音

[v-]の発音は前回やった⑪の[ph-]の発音ができれば簡単です。[ph-]の時と同じように前歯と下唇をくっつけたまま(※噛まない)、「ヴ」と言う。舌唇が少しバイブレーションすればOKです。

7555390488_8deccd4c94_z

vol.78 phởは「フォー」とは読まない!

  2017/01/01    子音, 発音

11個目の頭子音[ph-]の発音を紹介します。[ph-]は英語の[f]の発音と同じです。英語の[f]の発音はよく「下唇を噛む」と教わりますが、噛むのではなく、前歯と下唇をくっつける程度でいいと思います。前歯と下唇をくっつけた状態で「フー」と息を出せば自然な[f]の発音になります。

wood-cube-473703_1280

vol.77 文字を見れば音がわかる?

  2016/12/31    学習法, 発音

「ベトナム語では発音が何よりも大事」。繰り返しこのブログで言ってきたことですが、その理由を今回は「表意文字と表音文字」というアプローチから説明したいと思います。

rule-1752630_1280

vol.73 発音はいくつ覚えればいいの?

  2016/12/27    学習法, 発音

ベトナム語で新たに覚えなければならない発音ルールは約40個です。この40の発音ルールを覚えてしまえばすべてのベトナム語の発音ができるようになります。文法や単語よりもこの40の発音ルールを覚えるほうが先です。その40個のルールのうち声調6個と母音11個の計17個のルールを特に最優先で覚えましょう。

photogrid_1482753995154-1136x768

vol.72 発音は4つのパーツを覚えよ

  2016/12/26    学習法, 発音

すべてのベトナム語の単語は[①頭子音+②母音+③末子音+④声調]の4つの発音パーツからできています。ベトナム語の発音がきちんとできるようになるためにはこの4つのパーツをそれぞれ覚えなければなりません。

photogrid_1482582469310-994x768

vol.70 ベトナム語をカタカナで覚えてはならないワケ ~音のしくみから考える~

  2016/12/24    学習法, 発音

ベトナム語は基本的に単音節で一つの単語が形成されています。単音節とはひとつの音のかたまりの単位のことで、「母音だけ、もしくは母音と子音で構成された、音のまとまり」を指します。日本語とベトナム語は音の区切り方が違うので発音の際に
はその違いを意識しなければなりません。