CATEGORY 語彙

人称代名詞

vol. 385 二人称総まとめ

日本人がベトナム語の勉強で最初につまづきやすいポイントとして「人称代名詞がたくさんあり、使い方が複雑」であることが上げられます。人称代名詞は英語だと「I」と「you」の2つを覚えれば十分ですが、ベトナム語は性別、年齢、職業、親密度合いなどによって様々な「あなた」と「わたし」が存在し、相手によって使い分けなければいけません。つまり人称代名詞の知識や使い方が頭に入っていないと会話すら始められないのです。ですので今回は日常会話に必須の二人称を一覧表にまとめてみました。これぐらい知っておかないと色々な世代のベトナム人と会話がスムーズにできないのでまずは全部覚えてください。

語彙

vol. 378 ベトナムの行政区分 ~中央直轄市編~

ベトナムに住んでいたり、ベトナムのニュースを読んでいると「〜市、〜省、〜県、〜区」などの行政単位を見かけたことがあるかと思います。それらベトナムの行政区分は日本のものとはどのように違うのでしょうか?今回はベトナムの行政区分を日本人の感覚に合わせてわかりやすくまとめてみました。

語彙

vol. 359 「優しい」のいろいろ

実はベトナム語には「優しい」という意味の単語がたくさんあります。hiền lành, dịu dàng, tốt bụng, ân cần, phúc hậu…などなど、これらはすべて日本語の「優しい」という訳をあてることができます。しかし、それぞれどういうふうに異なり、どう使い分ければいいのでしょうか。今回は「優しい」という単語の細かな違いを紹介します。

語彙

vol.340 「どいて、どいて!」はベトナム語で?

もしあなたが道を歩いていて、目の前を通り抜けたいのに人が邪魔していて通れない…こんなときベトナム語では何て言えばいいのでしょうか?例えばトマトがよく買い物に行く「ロッテマート ダナン」のエスカレーターではベトナム人が横一列を塞いでしまって通り抜けられない時がしばしばあります。ベトナムでは日本みたいに人が片側に寄るという文化もないのでこういう状況が結構起こります。そんなとき日本語では「ちょっとすいません…」とひと声かけて通り抜ければすむのですが、ベトナム語ではどのように言えばいいのでしょうか?丁寧度に応じていくつかパターンがあるのでまとめて紹介します。