vol.219 「của=〜の」と覚えているだけではだめですよ

スポンサーリンク

翻訳塾の準備で忙しく、さらに少し風邪気味でしおれてきてるトマトです。

さて、ベトナム語を少しでも勉強したことあるなら誰でも知ってる単語củaですが、ほとんどの人は「A của B=BのA」とか「của=〜の」と覚えているかと思います。

しかし「của=〜の」と暗記しているだけでは不十分で、本質を捉えきれていません。

củaのコアをちゃんとおさえ、なぜ「〜の」という意味になるのか考えてみる必要があります。

củaのコアは〈所有・所属〉

củaのコアは〈所有・所属〉です。まずこれを先に覚えましょう。

củaを辞書で調べると「所有物、財産」という意味が最初に出てきます。そう、củaはもともとこの名詞の意味が先なんですね。例えば có của で「財産をもっている、金持ちの」という意味があります。

以前やった慣用句の「của đi thay người」のcủaは「所有物、財産」という意味で使っています。

vol.101 財産が自分の身代わりになる!? ~慣用句から学ぶベトナム語③~

2017.01.24

củaは動詞にもなる?

また、củaは「〜に所属する、〜の所有物になっている」という動詞的な意味もあります。

例えばquyển sách này của tôi(=この本は私のです) という文の動詞は何か考えてみましょう。

①làが省略されている

ひとつは動詞làが省略されており、củaは「〜の」という意味の前置詞として考える見方です。

省略されている語を補うとquyển sách này là sách của tôiとなります。名詞と名詞をつなぐ動詞のlàは口語ではしばしば省略されます。そして2番目のsáchも重複を避けるために通常は省略されます。

vol.154 làの不思議③ ~なぜlàの否定文や疑問文のときだけphảiがつくのか?~

2017.03.18

②củaを動詞とみる

一方でquyển sách này của tôi.のcủaを
「〜のものである」という動詞とする見方もあります。そうするとtôiはcủaの目的語になります。

〈所有・所属〉→〜の

つまり「A của B」にはもともと「AがBの所有物である、AはBのものである」という意味があり、そこから「BのA」という所有、所属を表す「〜の」の意味に転化したのです。

だから「của=〜の」となるのです。

まとめ

・củaのコアは〈所有・所属〉
・củaは「〜に所属する、〜の所有物になっている」という動詞的な意味もある。
・「A của B=AはBのものである→BのA」となる。

Pocket

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です