vol.70 ベトナム語をカタカナで覚えてはならないワケ ~音のしくみから考える~

   

photogrid_1482582469310-994x768

ベトナム語で一番つづりが長い単語は?

さて問題です。ベトナム語で一番つづりが長い単語は何文字だと思いますか?

正解はコチラ

ちなみに一番長い英単語は化学の専門用語で18万9819語あるらしいです(笑)。ベトナム語では一番つづりが長い単語でもたったの7文字です。ご安心ください。

ベトナム語は1単語=1音節

ベトナム語は基本的に単音節で一つの単語が形成されています。単音節とはひとつの音のかたまりの単位のことで、「母音だけ、もしくは母音と子音で構成された、音のまとまり」を指します。日本語では、あ-a,い-i,う-u,え-e,お-o,か-ka,き-ki,く-ku,け-ke,こ-ko などのひらがな1文字を1音節として考えます。

ベトナム語の単語は1単語=1音節で構成されています。ベトナム語では一つの単語が日本語のひらがな1文字に相当する音の単位で構成されているのでつづりもこれ以上長くなりようがありません。だからどんなに長くても7文字程度でおさまってしまうのです。

音節の切れ目の違いが発音の違いを生む

日本語とベトナム語の音の切れ目の違いも日本人のベトナム語の発音を困難にさせている1つの原因です。

例えば「ベトナム」という言葉は日本語ではべ-be・ト-to・ナ-na・ム-muの4文字=4音節ですが、ベトナム語では「Việt Nam」とViệtとNamの2単語で表記するので2音節になります。日本語では音を4回切るけど、ベトナム語では2回しか切らないようなものです。また、ベトナム人からすると余計な音が二つ聞こえてくるようなものなので非常に聞き取りづらくなります。

つまりViệt Namをカタカナ発音で「ベトナム」と発音している限りは永遠にベトナム語らしい発音にはなりません。ベトナム語らしい発音にならないということはベトナム人に通じないということを意味します。

こういった理由からも絶対にベトナム語の発音をカタカナで覚えてはならないし、使ってはなりません

まとめ

ベトナム語は1単語=1音節(=ひらがな1文字に相当する音の単位)。日本語とベトナム語は音の区切り方が違うので絶対にベトナム語をカタカナで覚えてはいけません。

Pocket

 - 学習法, 発音