vol.17 「i」なら短く、「y」なら長く

   

photogrid_1478263022938-1920x1080

ベトナム語の母音の「イ」の部分を見ると「i(y)」と表記されている。実はベトナム語の「イ」には「i」と「y」があり、短い「イ」(=i ngắn)と長い「イ」(=y dài)の2つに分かれる。「y」は子音ではなく、ベトナム語では母音として扱われる。

長短に分かれるのはある特定の場合だけ

ただしその短い「イ」と長い「イ」の発音に分かれるのにはある条件が必要。それは「i(y)」が単語の最後にきて、かつその1個前の単語が母音の時である。その時「i」ならば短く「イ」を発音し、「y」ならば長く「イ」を発音する。

一般化すると、

「ー□i」のとき ➔最後の「i」は短い「イ」
ー□y」のとき ➔最後の「y」は長い「イ」

※□には母音が入る

となる。

言葉で説明すると少々ややこしくなるので、実際にある単語を聞いて短い「イ」と長い「イ」を体験してみよう。

haiとhayの違い

“hai”

“hay”

taiとtayの違い

“tai”

“tay”

túiとtúyの違い

“túi”

“túy”

こうして比べて聞くと最後の「イ」の長さの違いがよくわかるはずだ。

まとめ

母音+「i」なら短く、母音+「y」なら長く「イ」を発音する。もちろんこの「イ」が長いか短いかで意味が変わる(例えばhaiは数字の「2」という意味で hayは「おもしろい」という意味)ので、発音の区別は同時に意味の区別もしているということも忘れずに。これら長短の「イ」の区別は最初は忘れがちになってしまうので、慣れるまで意識して発音しよう。

Pocket

 - 母音, 発音