vol.186 gìの応用表現 ~khôngと合わせて強い否定~

スポンサーリンク

gìといえば「何」という意味を表す疑問詞として有名です。gìは単独で文の主語や目的語となるだけでなく、他の語と組み合わせて様々な形で使うことができます。

今回はgìの応用表現のひとつである「không + V + gì + về〜」について紹介します。

không + V + gì + về〜=〜について何もVない

これは否定のkhôngと疑問詞のgìを組み合わせることによって、「何もVない」という強めの否定を作ることができます。さらに「về=〜について」と合わせて「〜について何もVない、〜について全くVない」という意味になります。

(例)
・tôi không biết gì về món ăn Việt Nam.
私はベトナム料理について何も知らない。

・cô ấy không nói gì về chuyện đó.
彼女はそのことについて何も言わない。

・anh ấy không nghĩ gì về tương lai mình.
彼は自分の将来について何も考えてない。

よく使うのは最初の例文にある、「không biết gì về〜=〜について何も知らない」という表現です。普通のkhông biết〜よりも「知らない」具合をより強調しています。

もしベトナム人に「tôi không biết gì về tiếng Việt」なんて言ったら、「いや、お前そのセリフ言える時点でベトナム語知ってるだろ」なんてツッコミが返ってくるかもしれません。外国人特有のベトナミーズジョークとして使ってみてください。

まとめ

・không + V + gì + về〜=〜について何もVない

Pocket

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です