vol.153 làの不思議② ~強調系のlà~

前回は等号系のlàについて解説しましたので今回は残りの強調系のlàについて見てみましょう。

vol.152 làの不思議① ~等号系のlà~

2017.03.16

強調系のlà

強調系のlàは形容詞との相性が良く、làより後ろの部分の意味を強める場合が多いです。

①~là+評価、判断系の形容詞 「~は…だ」

この用法は主語と形容詞の間にlàを一拍挟むことによって話者の評価、判断を強調しています。

nói như vậy đúng.
そのように言うのは正しいよ。

cô ấy rất đẹp.
彼女はとてもきれいだ。

tôi thấy rất tốt.
私はとてもいいと思うよ。

em không tin dĩ nhiên.
君が信じないのは当然だね。

②感情系の形容詞+là… 「~なことに…」

感情系の形容詞を使って前置きすることでlàより後ろの部分を強調させます。

rất tiếc tôi không đi chơi với bạn được.
とても残念なことに私はあなたと遊びに行けないよ

hạnh phúc em yêu anh. ※等号系のlàと考えて「幸せとは君が僕を愛していることだ」と訳してもOK
幸せなことに君は僕を愛してくれている。

may hôm nay trời đẹp.
幸運にも今日は天気がいい。

③同一語の繰り返し

形容詞や名詞をlàを用いて繰り返すことで程度が著しいことを表します。主に口語で使われます。

món này ngon ơi ngon. ※[A(形容詞) ơi là A]でAの度合いが高いことを示します。
この料理はおいしくてたまらない。

toàn người người. ※[toàn B(名詞) là B]でBがたくさんあることを示します。
どこも人ばかり。

trông nó hiền hiền. ※[A A là]でこれもAの度合いが高いことを示します。
彼はとてもやさしそうに見えるよ。

④là~thì… 「~であるからには…、~であれば…」

文頭にlàを置いて主語をthìと挟むことによって述語部分(thì以下)を強調する働きがあります。

con người thì ai cũng phải chết.
人間であれば誰でも必ず死ぬものだ。

công dân thì có nghĩa vụ nộp thuế.
国民には納税の義務がある。

làの考え方

強調系のlà

強調系のlàは仮にlàがなくても文の意味は大きく変わりません。なのでこの場合のlàは文意を強調させるための飾りしてとらえておきましょう。また、定型化された表現も多いのでパターンを覚えておけばよりスムーズに対処できるでしょう。

等号系か強調系かをまず考えよ

前回の等号系のlàとの用法も合わせるとlàの用法は実にたくさんあることがわかります。しかし大きな枠組みでとらえれば「等号系」と「強調系」の二つしかありません。まずは等号系か強調系どっちかな~と考え、その後は細かい用法を見ていけばいいのです。大枠⇒詳細の流れをつかんでおきましょう。

まとめ

・強調系のlàは形容詞との相性が良く、là以下の意味を強める場合が多い。

・強調系のlàは文意を強めるための印みたいなものとしてとらえておく。

・làを見たらまず「等号系」か「強調系」のどちらになるかをまず考えよ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です