vol.104 類別詞のお話② ~cáiとconは親子!?~

スポンサーリンク

ベトナム語の単語すべてが詰まったタンスには類別詞という名の「引き出し」があります。
その引き出しは大きいものから小さいものまで大小様々です。その引き出しの数は全部でなんと250個近くもあるといわれています。

引き出しの分け方は見た目の形状、機能、性質などによって様々な分け方があります。

その中でも一番大きくてわかりやすい引き出しは「cái」と「con」と書かれた引き出しです。
今回はこの二大類別詞を紹介します。

二大類別詞cáiとcon

cáiは無生物名詞に付き、conは生物名詞に付きます。ここではざっくりと「動かないもの」にはcái、「動くもの」にはconを付けると覚えておきましょう。

☆cáiの例☆
cái bút=ペン
cái ghế=イス
cái ví=財布

☆conの例☆
con chó=犬
con bò=牛
con chim=鳥

このように類別詞は帽子をかぶるように名詞の前についてその名詞を特定させる働きがあります。

cáiとconは親子!?

cáiのもともとの意味は「母親」です。母親は家の中で「どっしりとして動かない」というイメージから生まれたのでしょうか、そこからcáiは「動かないもの」の名詞に付くようになったといわれています。

一方conのもともとの意味は「子供」です。子供は遊びまわって「よく動くもの」の象徴です。そこからconは「動くもの」の目印として名詞に付くようになったといわれています。

まとめ

類別詞の入門として二大類別詞の「cái」と「con」をまずは覚えましょう。cáiは「動かないもの」、conは「動くもの」の名詞に付きます。

Pocket

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です