vol.108 類別詞のお話⑥ ~助数詞との関連~

スポンサーリンク




類別詞の大切な役割のひとつである助数詞との関連について説明します。
助数詞とは「~個」「~枚」「~匹」みたいにものを数える時に用いられる単位の語です。

類別詞は助数詞でもある

ベトナム語の類別詞は日本語の助数詞のような機能も持っています。

☆例☆
・2 con mèo 2の猫
・6 cái bút 6のペン
・10 quyển sách 10の本
・3 chiếc máy tính 3のパソコン
・2 đôi giày 2のくつ

上の例のようにベトナム語では数字を伴う場合は必ず類別詞を付けなければなりません。日本語で「2猫」「6ペン」みたいな言い方はしないのと同じように、ベトナム語でも2 mèo, 6 bút みたいな言い方は基本的にはしません。
日本語では「2の猫」「6のペン」と必ず助数詞を付けて言います。同じようにベトナム語でも「2 con mèo」「6 cái bút」ときちんと類別詞(助数詞)を付けた言い方をしましょう。

[数字]+[類別詞]+[名詞]の順番!

ここでもやはり大切になってくるのが語順です。2 con mèoのように[数字]+[類別詞]+[名詞]の語順になっています。日本語訳すると[2]+[匹]+[猫]となり偶然にも日本語の言い方の語順と似ているので比較的覚えやすいと思います。

まとめ

・類別詞は助数詞の役割も持つ。
・数字を伴う場合は類別詞は必ず付けなければならない。
・[数字]+[類別詞]+[名詞]の語順は絶対。

Pocket

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です