vol.9 Tôi tên làは奥が深い!?

ベトナム語を少しでもかじったことのある人なら誰でも知ってるフレーズ「Tôi tên là(私の名前は…です)」の文。最初に習うのでこの形を丸暗記してる人も多いが、実はこの構文は意外と複雑で、とても応用の利く構文なのだ。

Tôiは「私」、tênは「名前」、ベトナム語の文法のルールに従えば、名詞の修飾は後ろから前にかかる後置修飾の形をとるのでtên tôi là..とtênが前にこないとおかしいはずだ。しかし、tôi tên là…とtôiが前に来るパターンのほうがよく使うし、この形でも全く問題ない。それはなぜか。

「象は鼻が長い」の文の主語は?

これは実は「話題提示」の構文である。「象は鼻が長い」構文とも言われる。「象は鼻が長い」の文の主語は何だろうか?象?鼻?…象を主語にすると「象は長い」、という少し変な文になってしまう。

実際の主語は「鼻」のほうである。象のほうは話題の口火を切る名詞の役割を持ち、「象っていうのはね…」と最初に象に関する話をふって、その後に鼻が長い、という情報を加えると「象は鼻が長い」という文になる。

tôi tên làのtôiは「私」を強調している

だからtôi tên làのtôiはさきほどの「象」と同じ役割で、「私についていえば」とか「私というのはね」という形で先に「私」に関する話題を切り出して、実際の主語tên+là…という形につながるのである。

だからtôi tên là…を直訳すると、「私というのはね、名前が…なんです。」となる。この構文では「私」という単語を強調しているとも言える。

話題提示構文の例

この話題提示構文は実際の会話でもとても役に立つ。日本語の語順と同じなのでスッと口に出しやすいからだ。

※灰色に塗りつぶした部分が話題提示の名詞

その仕事は私がします。=việc đó (là) tôi làm.

このバイクは私の母が買ったんだ。=xe máy này (do) mẹ tôi mua.

『学問のすすめ』は福沢諭吉が書いた。=sách 『khuyến học』 (là) ông Fukuzawa Yukichi viết.

※書き言葉では名詞と名詞の間にlà, do(~によって)などを加えないといけないが、実際の会話では省略可能。

※普段の会話ではtôiはあまり使わないが、ここでは便宜的に一人称にtôiを使っている。

まとめ

話題提示構文を一般化すると

〈話題提示したい言葉(名詞)+S(主語)+V(動詞)…〉

となる。基本の語順はtôi tên làと同じ。会話でもよく使うのでぜひこの構文を覚えておこう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です