vol.11 違いは「音の長さ」だけ!

今回は短母音と呼ばれる「ă」と「â」の発音を紹介しよう。短母音とは字の通り短い母音のこと。「ă」と「â」の2つは前回までに勉強した発音ができていれば簡単だ。

ă(aの上にお椀をのっけたような記号)

「a」の音を短く発音する

※ănの発音↓

 

※比較用 anの発音↓

 

â(aの上に三角帽子をかぶせたような記号)

「ơ」の音を短く発音する。

※ânの発音↓

 

※比較用 ơnの発音↓

そう、違いは音の長さだけ。aとơの発音ってどうするんだっけ??って人は下を見て復習しておこう。

復習

a

これ以上大きく開けられないくらい広く、大きい「あ」。「あー言えばこう言う」の時の「あー」、舌を少し下げるとなおよい。「あ」を「広く!、大きく!、おおげさに!」言う。

ơ

口を半開きにして、口をダラ〜ンとした状態で言う「アー」。ゲップの時のような口で唇を丸くしないこと。

違いは音の長さだけ!

ăとa、âとơの違いは「音の長さ」だけ、逆に言うと口の形や舌の位置は全部同じだということ。以前勉強した口を大きくする「a」と口だらーんの「ơ」の発音ができていれば、ただそれを「短く」言うだけでăとâの発音は簡単にクリアできてしまう。だからまずaとơの発音を完璧にしよう。

短母音=普通の母音の半分の長さ

「短く」というのは具体的には長いほうの母音の半分の長さくらい。例えば、「a」の長さを1とするなら「ă」は0.5くらい。ちょうど日本語の「アー」と「アッ」ぐらいの差だと思ってほしい。

短母音は単独では発音できない

短母音ă, âはベトナム語の発音のルール上「単独では発音できない」ことになっている。だからベトナム人が日本人にăとâを教える場合、無理やり<驚きの声調>を入れて、ắやấと教えてしまう(これも日本人学習者を混乱させてしまう)。短い母音を単独で練習することにあまり意味はないので、当サイトではanとăn, ơnとânのように実際にある単語で発音が練習できるように配慮した。

まとめ

以上のことを頭に入れた上で、もう一度「ănとan」、「ânとơn」の発音を練習してみよう。何回も聞いて音の長さの違いを耳にやきつけよう。

※ănの発音↓

 

※anの発音↓

 

※ânの発音↓

 

※ơnの発音↓

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です