vol.21 北部弁でも南部弁でもない発音基準

   

%e7%84%a1%e9%a1%8c

vol.19であなたが訪れたり住んでいる地域に合わせた言葉、発音を勉強し、柔軟に発音を使い分けたほうがいいと述べた。しかしそれでもまだどちらの発音を勉強したらいいか迷っていたり、基準なるものが欲しいといった方に朗報です。実はベトナム語には北部弁にも南部弁にも属さない発音基準がある。その名も「正書法発音」(ベトナム語でphát âm chính tả【発音正写】)という。

正書法発音とは

正書法発音とはベトナム語のアルファベット表記に沿った発音のこと。ベトナム人は小学生の時に学校の先生からこの発音基準を習わされる。しかし日常生活ではその地域で話されている方言を使うので、多くのベトナム人はこの発音基準を知ってはいるけど、普段の会話で正書法発音はしない(できない)。ごく一部の訓練した全国放送のアナウンサーなどがこの発音を使っているにすぎない。

例えば子音のr-、gi-、d-は北部弁、南部弁、正書法でそれぞれどう発音されるのか見てみる。

・北部弁:すべて「ザ」行、
・南部弁:r-は英語のrのように舌を巻く「ラ」行、gi-とd-は「ヤ」行
・正書法発音:r-は舌を巻く「ラ」行、 gi-は「ザ」行、d-は「ヤ」行。

※これらの子音の発音はあとで詳しく解説するのでここではまだ覚える必要はありません。

北部弁と南部弁ではアルファベット表記が異なるのに同じ音がある。それに対して、正書法発音はアルファベット1つに必ず1つの音」という規則があるので、北部弁や南部弁のように表記が異なるのに同じ発音をする、というパターンがない。

北部弁と南部弁のミックス

正書法発音の聞こえ方はちょうど北部弁と南部弁がミックスされたようなかんじになる。つまりこの基準を覚えれば北部弁、南部弁ともにすぐに対応しやすくなる。正書法発音は北部弁でも南部弁でもないどっちつかずの発音ともいえるが、どちらの方言にも偏らないまさに基準にふさわしい発音だとも言える。

この正書法発音は日本のベトナム語の参考書には全く記載されていない。これから子音の発音を紹介するなかで、北部弁、南部弁だけでなく、正書法発音も合わせて紹介するので参考にしてほしい。

Pocket

 - 方言, 発音