vol.30 kh-は「カーッ、ペッ!!」だ!!

子音の中でもkh-の発音はとっても大事。なぜならベトナム語で最も使うであろう単語の1つに「không」があるから。khôngは否定文や疑問文を言う際に欠かせない単語なのでこのkh-の発音ができないと、否定文も疑問文もまともにしゃべれない、聞き取ってもらえない悪夢が待っている。

khôngの発音は日本人には難しい。「コン」でもなければ「ホン」でもない(日本語で表記できない)。ではkhôngのkh-の発音はどのように行えばよいのだろうか。

⑩[kh-]

舌の後部を持ち上げ、「ハッ」と息を吐きながらノドを震わして言う「か」行。要するにおっさんがよくやるタンを絡めて「カーッ、ペッ!!」と吐き出すときの「カ」。もしくは水なしでガラガラうがいの真似をしてみよう。その時のカーカー出る音がベトナム語のkh-の音だ。

※khaと発音しています。

【h-】,【c-】,[kh-]の判別

音が似ているh-,c-,kh-の3つの子音を聞き分けて違いを確認してみよう。

ho
co
kho

そして自分で発音してみて、きちんと発音の区別ができるかどうかネイティブなどにチェックしてもらうこと。ちなみにhoは「せきをする」、coは「がかむ」、khoは「倉庫(漢越の【庫】)」という意味になる。子音の発音の違いで意味が全然変わるのでしっかり判別できるようにしておこう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です