vol.202 [ng- , ngh-]は「ンガ」⁉

スポンサーリンク

日本人にとってはやや難しい[ng- , ngh-]の子音の発音のコツを紹介します。

[ng- , ngh-]は「ンガ」⁉

[ng- , ngh-]は鼻濁音の「ガ」行です。鼻濁音とは空気を鼻に抜いて発音する「ガ行」のことで、ガの前に小さい「ン」がついたような音です。例えば「おだんご」と発音してみてください。「んご」の部分が少し鼻にかかる感じでこもったガ行になりますね。それがベトナム語の[ng- , ngh-]の音です。

この鼻濁音は日本語の標準語(東京語)にも実はあります。例えばアナウンサーなどは「がっこうが火事です」という文を読むときに、最初の「が」は普通の「が」で発音し、二つ目の「が」は鼻濁音で発音します。ただ現在はこの鼻濁音は日本語において衰退しつつあり、この発音ができない日本人も結構います。

鼻濁音の出し方のコツ

まず「ンーーーガ」と発音してください。「ンーーー」の部分は鼻歌やハミングする時のように口を閉じて鼻の奥が振動し、空気を鼻から出す感じで「ンーーー」とのばします。
そしてだんだん「ンーーー」の部分を短く縮めていきます。最終的にはンとガをくっつけて、一つの音にするようにして「ンガ」と発音すると鼻濁音の完成です。

それでもうまくできないときはパンなどの食べ物を口いっぱいに含んで「ガ」と言ってみてください。すると強制的に鼻濁音ができます(笑)。

※ngaと発音しています。

[ng-]と[ngh-]の違いは?

[ng-]と[ngh-]の違いは後ろにくる母音によってつづりが変わるということです。後ろにi/e/êの母音がくるときは[ngh-]と必ずつながります。[ng-]と[ngh-]の発音は同じです。単語をたくさん覚えればすぐに慣れるので特別意識する必要はありません。

まとめ

・[ng- , ngh-]は鼻濁音の「ガ」行。ガの前に小さい「ン」をつけて、鼻にかかる感じで少しこもった「ガ」行で発音する。

Pocket

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です