vol.235 未来形のいろいろ

ベトナム語で覚えておくべき未来形を紹介します。

時制とか未来形とかいう文法項目を聞くと何となくかまえてしまう人もいるかと思います。しかしベトナム語の未来形はただ未来を表す単語を覚えるだけです。めっちゃ簡単ですね。

ベトナム語で覚えておくべき未来形の単語は主に3つです。ベトナム語の文法力は単語力に比例します。とにかく四の五の言わずに単語を覚えて下さい。

vol.31 文法力は単語力!?

2016.11.16

①通常未来 sẽ

未来形といったらまずこれです。sẽ+V(形容詞も含む)の形でs「(将来)〜する」という意味になります。sẽは基本的には遠い漠然とした未来のことを表します。

・tôi sẽ đi du học Nhật Bản.
私は日本に留学に行きます。

・tôi sẽ kết hôn đến 30 tuổi.
私は30歳までに結婚します。

sẽは省略可能

ただし未来を表す時の副詞(năm sau=来年、とかtương lai=将来、とか)が文中にある場合、sẽは省略可能です。しかも文脈上明らかに未来だとわかる場合はsẽをわざわざつける必要はありません。これは以前にもやりましたがベトナム語の時制はそこまで重要視されていないからです。どうしても未来のことを強調したい時にだけsẽを使いましょう。

vol.58 過去や未来は気にしない!? ~時制の本質~

2016.12.12

近接未来 sắp

sắpはsẽよりも近い未来のことを表します。形はsắp+Vで意味は「もうすぐ〜する」です。

・anh ấy sắp về nhà.
彼はもうじき帰宅します。

・chị sắp tốt nghiệp đại học.
もうすぐ大学を卒業します。

sắp〜rồi=近く〜する

sắpには〈成立〉を表すrồiをつけ加えることもできます。この場合は近い未来のことが確定している時に用いられます。

sắp đến rồi.
もうすぐ着きますよ。

・tôi sắp về nước rồi.
私はもうすぐ帰国します。

vol.120 rồiは<完了>ではなく<成立>だ!

2017.02.12

vol.119 時制よりも大事な「やったのか、やってないのか」という視点

2017.02.11

意志未来 định(tính)

vol.79 意志未来「định」の用法

2017.01.02

この用法は以前にもやりました。未来の文脈において自分の意志で行動を決める場合は「định+V=Vするつもりだ」を使います。địnhは漢越で【定】でしたね。

・tôi định đi du học Nhật Bản.
日本に留学に行く予定です。

・tháng sau tôi định nghỉ việc.
来月仕事を辞めるつもりだ。

意志未来 tính

ちなみにđịnhと同じ意志未来を表す単語にtínhというのがあります。「tính tiền!=お会計!」のtínhです。tínhは「計算する」という意味の動詞ですが、後ろにVを置いてtính+Vの形にすると「Vを計画する、Vするつもりである」という意味になります。tínhは助動詞としても使えるというわけです。

・em tính đi đâu vậy?
どこに行く予定なの?

以上の3つの未来形をを図にまとめると以下のようになります。参考にして下さい。

まとめ

ベトナム語の未来形は3つ
・sẽ+V=(将来)〜する
・sắp+V=もうすぐ〜する
・định(tính)+V=Vするつもりだ

Pocket

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です