vol.33 「あなた」は「わたし」である!? ~キャッチボールの法則~

ベトナム語の人称代名詞の大切なルールの1つに二人称は同時に一人称にもなり、使い回すことができる」という決まりがある。同じ人称代名詞を自分と相手で投げ合っているので筆者はキャッチボールの法則と呼んでいる。

anh⇔emの投げ合い

例えば、あるベトナム人があなたに、“Anh khỏe không?”(あなたは元気ですか?)と聞いてきたとしよう。相手はあなたに対して二人称anhを使っている。そしてあなたは相手が投げた二人称anhを一人称として受け取って、”Anh khỏe.”(私は元気です)のように使うことができる。

逆に今度はあなたが、”em khỏe không?”(あなたは元気ですか?)と相手に二人称emを投げたら、その相手は”em khỏe.”(私は元気です)と答えてくれるだろう。この時anhとemは「あなた」と「わたし」という2つの意味を持ち、お互いに使い回していることになる。

chị⇔emの投げ合い

もうひとつ例をあげよう。あなたはある年上の女性に” chị tên là gì?”(あなたの名前は何ですか?)と聞いたとする。そしたら相手の女性はあなたが投げたchịを一人称に「使い回し」て、”chị tên là…”(私の名前は…です)と投げ返してくれるだろう。

そして今度は逆にその女性があなたに”em tên là gì? “(あなたの名前は何ですか?)と投げ返してきたら、あなたは相手が投げてくれたemを「再利用」して、”em tên là…”(私の名前は…です)と一人称にemを使うことができる。chịとemの投げ合い、使い回しをしている。

まとめ

二人称は同時に一人称にもなる、というベトナム語の人称代名詞のしくみは頭だけで考えると難しく、これは実際にベトナム人との会話で使い方を慣らしていくしかない。とりあえず最初は相手が使った二人称を自分の一人称に再利用し、使い回すことができる」というキャッチボールの法則があることを覚えておこう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です