vol.64 ベトナムでの階層の数え方

   

img_20161218_163139

ベトナム語で建物の1階、2階…などのフロアを数える時には少し注意が必要です。
それは北部と南部で階層の言い方が異なるからです。

まずベトナム北部では1階、2階、3階はtầng 1, tầng 2, tầng 3と数えていきます。これは日本と同じ感覚なので簡単です。ちなみにtầngの漢越は【層】です。

注意しなければならないのは南部の数え方です。南部では1階、2階、3階はtầng trệt, lầu 1, lầu 2と数えていきます。「tầng trệt」とはいわゆる0階(グランドフロアー)のことで、日本での1階のことを指します。そのあとにlầu 1, lầu 2と続きます。
南部では二階以降の「~階」の言い方がtầngではなく、lầu を使います。lầu の漢越は【楼(ロウ)】です。

以上のことを簡単に表にまとめてみました。

日本 北部 南部
1階 tầng 1 tầng trệt
2階 tầng 2 lầu 1
3階 tầng 3 lầu 2

南部の言い方では階層が一つずれることに注意してください。
ちなみにベトナム北部と同じ1階、2階、3階の数え方をする国は日本、アメリカ、ロシアなどで、ベトナム南部のように0階(グランドフロアー)をはさむ数え方をする国はイギリス、フランスなどです。

おそらくベトナム南部のほうが歴史的に諸外国に対して開放的だったこともあり、ホテルなどを建設する際に、階層などの数え方をフランスやイギリスにならい、その習慣が現在まで残っているのだろうと思われます。

まとめ

階層の数え方はベトナム北部では日本と同じ。ベトナム南部では0階(グランドフロアー)を挟むので階層が1つずれた言い方をする。

Pocket

 - 語彙, 豆知識