vol.18 母音総まとめ ~母音の理解なくしてベトナム語の上達なし~

スポンサーリンク




今回は母音の総集編として、各母音のポイントをまとめ、整理してみました。

また、発音を練習する時に比較しやすいようグループ毎の分類も行いました。

「あ」グループ

a

これ以上大きく開けられないくらい広く、大きい「あ」。「ああ言えばこう言う」の時の「あ」、舌を少し下げる。

ă

aの短母音。aの半分くらいの長さで短く発音する。口の形は同じ。

※ăは単独では発音できないため音声は単語のănを用いています

「い」グループ

i(y)

日本語の「い」より唇を横に引っ張る。子どもがケンカしたときにやる「イーっだ!!」の「イー」。

「う」グループ

u

日本語の「う」より口をすぼませ、唇を前に突き出してキスするような「う」。

ư

非円唇音。「い」の口で「う」と言う。ボディーブローを食らった時の口の形のようにする。

「え」グループ

e

これ以上大きく開けられないくらい広く、大きい「え」。唇を横に引っ張る「え」。

ê

eより狭い「え」、日本語の「え」と口の形はほぼ変わらない。

「お」グループ

o

これ以上大きく開けられないくらい広く、大きい「お」。口の中にたまごを入れるくらいの気持ちで言う「お」。舌を少しまくとこの音を出しやすい。

ô

oより口を狭い「お」。「ほぉ〜、そうですか〜」のときの「ぉ」、おちょぼ口の「お」、口笛を吹いたり、すっぱいものを食べたときの「お」。

ơ

非円唇音。口を半開きにして、口をダラ〜ンとした状態で言う「アー」。ゲップした時のような口の形する。

â

ơの短母音。oの半分くらいの長さで短く発音する。口の形は同じ。

※âは単独では発音できないため音声は単語のânを用いています。

まとめ

母音は声調と並んでベトナム語の発音の核となります。

そしてその発音はリーディングやリスニングなどベトナム語全体の能力の核となるので、母音と声調の理解なくしてベトナム語の上達はありえません。繰り返し発音して確実に自分のものにしましょう。

ちなみに日本人でその人がベトナム語が上手かどうか一発で見抜く方法があります。

それはその人のベトナム語の発音がしっかりできているかどうかをチェックすればいいだけです。

ベトナム語の発音が上手な人はほぼ例外なくベトナム語のスピーキング、ライティング、リーディング、リスニングもできる人です。

Pocket

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください