vol.5 発音の勉強法〜独習することの限界〜

以前にも述べたように、ベトナム語で最初に徹底して勉強しなくてはいけないのが発音である。しかし、いきなりベトナム人から発音を感覚的に習うと多くの人が難しく感じて諦めてしまう。多くの日本人はこの最初の段階でベトナム語の勉強を投げ出してしまう(発音さえ乗り越えたら後は結構簡単なんだけどね・・)。

そこで今回は挫折しないために発音をどのように勉強すればよいのかその道筋を紹介します。

ネイティブの落とし穴

ベトナムにある大学や語学学校などの外国人向けベトナム語コースの先生は全員ベトナム人である。ネイティブが発音を教えてくれるならばっちり!と思うかもしれないがここに一つ落とし穴がある。ネイティブの先生から習うといきなり発音の実践から入ってしまうのである。つまりネイティブの先生の発音をひたすら真似させられ、発音が違ったら何回も言い直させられるというやり方で教わってしまう。発音が難しいベトナム語では初学者がいきなりこの方法でやられると非常にあいまいな音の感覚で発音を判断せざるを得なくなるため挫折する可能性が高くなる。

まずは頭で理解!

発音の実践の前にやらなきゃいけないこと。それは発音を頭で理解することである。頭で理解するとはつまりベトナム語の発音の仕組みを日本語で理解することである。この音は日本語の発音と似ているのか違うのか、違うなら何とどう違うのかなどを日本語で理解するのである。

ベトナム語の発音の仕組みを日本語で解説しているのは主に書籍やネットサイトにある。

書籍では以下の本がおすすめ。

・「田原洋樹『くわしく知りたいベトナム語文法』白水社」

田原洋樹著、くわしく知りたいベトナム語文法の表紙絵

この本が日本で出回っているベトナム語の書籍の中で一番わかりやすく発音を説明している。それ以外の参考書の発音の説明は難しかったり何だかわかりにくかったりしてイマイチである。

ネットサイトの場合は

・「東京外国語大学言語モジュール」

(http://www.coelang.tufs.ac.jp/mt/vi/)

・「大阪大学 高度外国語教育独習コンテンツ」(http://el.minoh.osaka-u.ac.jp/flc/vie/index.html)

などのサイトでベトナム語の発音をはじめとした自習が可能だ。

当サイトでもネイティブの音声を付けたベトナム語の発音の解説ページを近日公開予定なのでお楽しみに!

実践(ネイティブチェック)

本やネットで発音を頭で理解できたら、すぐに実践に移ろう。つまりネイティブによる発音のチェックをしてもらおう。発音はやはり母国人にみてもらうのが一番だ。

あなたがベトナムに住んでいる場合

 もしあなたがすでにベトナムに住んでいたり、ベトナム人の友達がいたら、その時点で発音の勉強に相当なアドバンテージがある。なぜならあなたの周りのベトナム人すべてがあなたの発音の先生となりうるからだ。
学校の先生、部下、友達、知人、近所の人…etcを捕まえて発音チェックをしてもらおう。ベトナム人は外国人がベトナム語を話してくれるととても喜んでくれるのであなたに熱心に発音を教えてくれるだろう。もしできたら複数人にチェックしてもらったほうがよい。老若男女5人くらいからオッケーをもらえればあなたの発音は合格だ。

あなたが日本に住んでいる場合

もしあなたが日本にいて、すぐにあえるベトナム人の知り合いもいない場合はネットで友達を作ろう。例えばfacebookなどで日本に興味あるベトナム人と友達になって、メッセンジャーの電話越しに発音を教えてもらうこともできる。あなたがベトナム人に日本語を教え、ベトナム人からベトナム語を教えてもらえば互いの言語を教え合うwin-winの関係を築ける。

まとめ

 ベトナム語の勉強で何よりもまずできなければならないことは、あなたが「ベトナム人に通じる発音がしっかりできること」である(文法、ライティング、リスニングなどはあとまわしで全然OK。)発音の勉強はいい加減にすませないこと。今後あなたのベトナム語が上達するかどうかは最初の発音の勉強にかかっている。もしあまりやってこなかった人はもう一度しっかりと学びなおそう。発音がしっかりできて初めて次のステップに移ることができるからだ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です