vol.246 トマトの日本語ディベート教室やめるってよ

どうも!今回トマトは4月から始めた日本語ディベート教室を閉校することにしました!

トマトは現在日本人向けの「ベトナム語塾」の他にベトナム人向けに「日本語ディベート教室」というのも開いていました。

閉校した理由は受講者が少なくなってしまったことと、トマトがベトナム語を教えることに集中したいからです。

連絡がないのが一番イヤ!

日本語ディベート教室の登録人数は全体を通して約30人でした。そのうち最初の募集で応募してくれたのが22人、さらにそこから初回の授業で来てくれたのが16人でした。

まず最初の時点で応募したのに来ない人、いわゆる無断キャンセルした人が6人もいました。連絡しても全く返事なしで、まじ「は??」って感じですよね。いったい何のために応募したんだろうか…

イベントの幹事とかやったことある人ならあるあるなのですが、人を集めて何かする時には必ずキャンセルする人が現れます。

その中でドタキャンしたり、何も連絡せずにブッチする人も一定数出てきます。

実際トマトは幹事やまとめ役の経験がこれまでほとんどなかったので最初に一定数現れるこの6人の「無断キャンセル者」に翻弄されてしまい、何も対応ができませんでした。

それと同時にバイトにバックレられて怒る店長の気持ちもよくわかりました(笑)。

一言も言わずに約束ぶっちする奴ってサイテーですよね!

まぁ実はトマトも過去にバイトの面接に行って合格したのに、そのあと急に面倒くさくなって1回も行かずにそのままブッチしちゃったことがあるんですけどね(笑)。バイトには1回も行ってないからバックレではないよね?(笑)

とにかく連絡しないやつはだめ!ゼッタイ!(自戒の意味も込めて)

減っていく恐怖

それでも1回目の授業に来てくれた16人にはとにかく一生懸命授業をやりました。

授業後にはアンケートもとり、「おもしろかった」「これから頑張りたい」など肯定的な意見も多く、とても励まされました。

しかし2回目の授業には最初の16人からさらに減って10人に…

この時が1番ショックでした。あれだけアンケートに「頑張ります!」なんて書いていた人が無断で休んだりして、ウソをつかれた気分になり軽く人間不信になったりもしました。

結局3回目、4回目とどんどん減っていきましたが、2週間くらい経ってようやくディベートなどのやり方も確立でき、最終的に生徒は5, 6人前後で落ち着きました。

結局は自分の実力不足

突然授業を休んだり、辞めていった人の理由は以下の通りです。

・「授業が難しくて自分のレベルに合ってない」

・「仕事が忙しくなって時間が合わなくなった」

・「道をまちがえた(初回限定)」

・「実家に帰る」

・「体調が悪い」

・「お腹が痛い」

・「雨が降っている」

・「渋滞」

※その他無断欠席多数

などなどベトナム人も表向きのありがちな??、理由を作っていますが要するに本音をまとめると

お前の授業は魅力がないし飽きたから行くのめんどくせー

ってことだと思います。

そう、一番の原因はトマトが生徒を引きつける授業を続けられなかったことです。

ベトナム語と違ってトマトは日本語、しかもディベートを教える経験はなかったし、思いつきで始めたものなのでトライ&エラーで授業が不安定だったのも否めません。

実際のディベートも、生徒がちゃんと準備なり知識がないと実のある議論ができるはずもなく、自分のモチベーションもどんどん下がっていきました。

加えてベトナム語教室の方は人数が少し増えたり、最近始めた「トマトの翻訳添削塾オンライン」などで時間的に忙しくなり、そっちの方に集中したいとも思うようになりました。

こういった様々な事情が重なり、ここ最近また人数が減ったことからトマトの日本語ディベート教室は3ヶ月で幕を閉じることとなりました。

だけどやってよかった!

ただ自分も実際にやってみて本当に色々なことを学べたし、少しでもベトナム人の日本語の習得のお手伝いができたのでやってよかったと思っています。

また別の形でベトナム人に日本語を教えたいとも思っています。

もちろんメインのベトナム語塾と翻訳添削塾、このブログもまだまだ続けていくし、これから新しい試みやサービスでみなさんに語学の魅力を届けていきたいと思っています!

今後とも応援よろしくお願いします!

Pocket

2 件のコメント

  • お疲れ様です。ベトナムで仕事をしていますと皆さんが感じることなんですねぇ(笑)私もいつも同じようになります。拳を振り上げても降ろす相手がいないというか、相手があまりにも無頓着なので、バカらしく感じます。この感覚の違いは埋まらないですよ❗(笑)でも、これからも頑張ってご活躍されてくださいませ‼ベトナム語の方はいつも参考にさせていただいていました。なかなか難しいですねぇ(笑)

    • 本木さん

      コメントありがとうございます。これはベトナム人の性格にも問題あると思いますがやっぱり自分自身の経験や実力がまだまだ足りなかったことが大きかったのかなと思います。

      これからも精進していきますので応援よろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です