vol.41 duyênのコアイメージ

   

f18a607e752fba236680f9ce2451cc5c

以前紹介したtrời ơiのようにベトナム人はよく使うけど日本語では言い表しにくい、といったような単語はまだまだたくさんある。今回は「duyên」という単語を紹介しよう。

duyên≠縁

duyênを辞書で調べると意味は「縁(えん)」と出てくる。「ここで出会ったのも、何かの縁だろう」とか「仕事が縁で結婚することになった」のように使うあの縁のことである。

だが実際にベトナム語のduyênは「縁」のような意味だけでなく、もっと広い意味で使うことができる。「duyên=縁」と短絡的に覚えてしまうとduyênの他の使い方が理解しにくくなる。

なのでここはtrời ơiの時と同じようにduyênという単語のコア(=中核的な意味)を覚えておこう。

duyênのコア=<人を引きつける何か>

duyênのコアはずばり<人を引きつける何か>である。イメージは人と人を結び付ける目に見えない赤い糸的なかんじだ。このコアイメージを覚えておけばduyênの様々な用法に対処できる。

例えば、

・chị ấy không đẹp nhưng có duyên.

の文は「彼女はきれいじゃないけど縁がある」と訳すと意味がわからない。なので後ろのcó duyênは<人を引きつける何か>を持っている⇒「魅力的な」と訳すほうが正しい。

もう一つ

・ồn quá đi, vô duyên!

の文は直訳すると「うるさいなー、無縁!」となり、おかしな訳になってしまう。なので後ろのvô duyên【無縁】は<人を引きつける何か>が無い、欠落している⇒「気配りがない、失礼な」と訳すことができる。

このようにduyên=<人を引きつける何か>というコアさえ覚えておけば、duyênの意味を広げることができる。

☆duyên関連の語彙☆

・có duyên=運命を持っている/魅力がある

・vô duyên【無縁】=気配りがない、失礼な

・duyên dáng=魅力的な、奥ゆかしい

・ép duyên=無理やり会わせる、意志に反した結婚をさせる

・duyên cớ/cố=(あまりよくない物事の)原因、因果

Pocket

 - 語彙