vol.179 「猫をかぶる」は「鹿をかぶる」!?

スポンサーリンク

教科書や参考書にはのってない、「生きた」 ベトナム語を紹介するコーナーです。

今回は「猫をかぶる」という言葉です。

「猫をかぶる」とは本性をかくし、おとなしそうに見せかける。または知らないふりをする。という意味です。よく腹黒い女性に対して使われることが多いですね。

「猫をかぶる」はベトナム語で?

「猫をかぶる」はベトナム語で「giả nai」と言います。

giảは「giả vờ / giả đò=〜のふりをする」のことです。giảは漢越で【仮】です。この場合の【仮】は仮病という言葉があるように「いつわり、にせ」という意味です。

次にnaiは「con nai=鹿(シカ)」のことです。

実はシカという意味の単語にもうひとつ「hươu」というのがありますが、hươuは北東アジア地域に分布するノロジカという小ジカのことを指します。一方でnaiは東南アジア産のオオシカを意味します。つまり大きい鹿はnai、小さい鹿はhươuと覚えましょう。

なのでgiả naiは「鹿のふりをする、鹿をかぶる」となります。ベトナム語では猫ではなく鹿であるところが面白いですね。

なぜ鹿なのかとベトナム人に聞いたところ、鹿は幼稚で頭の良くないイメージがあるそうで、その鹿のふりをする→ばかで知らないふりをする。とつながるそうです。

(使用例)

・con gái hay giả nai khi hẹn hò với bạn trai của mình.
女性はよく男性とデートするときに猫をかぶる。

・đừng giả nai nữa, không tốt chút nào.
猫かぶりはもうやめて、ちっとも良くないよ。

まとめ

・猫をかぶる=giả nai

Pocket

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です