vol.99 ベトナム語の「はじめまして」は覚えるな!?

スポンサーリンク

みなさんに問題です。ベトナム語で「はじめまして」はなんていいますか?

少しでもベトナム語を勉強したことある人なら「rất vui được gặp anh/em/chị」と答えられると思います。直訳すると「あなたに会えてとてもうれしい」です。これはベトナム語会話集の本でも最初のほうに載っていたりするのでわりと知っている人も多いかと思います。

最初に覚えないほうがいい?

しかしこの「rất vui được gặp anh」というフレーズは最初に覚えないほうがいいです。なぜかというとこのフレーズはかなり複雑で難しい構文だからです。最初のほうに理解して覚えようとすると、複雑で混乱してしまい逆に身につきません。こんなややこしい構文はあとまわしで全然かまいません。

最初に覚えないほうがいい理由① 重要な文法項目がたくさん

まずrấtは「とても」という意味の程度を表す副詞ですが、前の「vui=楽しい、うれしい」という形容詞を前から修飾しています。通常ベトナム語は後置修飾、つまり後ろから前へかかる場合がほとんどなのですがrấtという単語はそのルールを破る例外的な単語です。例外を知るには、まず基本形を知っていなければいけません。ゆえにこれは最初のほうに習う項目ではありません。

đượcという単語もベトナム語で頻出かつ様々な用法を持つ単語です。このフレーズでのđượcは動詞の前について「恩恵」の感情を表す助動詞的な用法として使われています。これも後半の受動態のところで勉強することです。最初の「tôi tên là…」などと同じ土俵で教える項目ではありません。

最初に覚えないほうがいい理由② 構文が複雑

「rất vui được gặp anh」は構文も複雑です。この文を理解するためには二つの重要なものが省略されていることに気づかなければなりません。
まずrấtの前に一人称の主語が省略されています。そしてvuiとđượcの間に接続詞のvì(~ので)が省略されています。そうしないとvui được gặpと動詞系が三連続してしまい文法的に説明がつきません。 つまり「tôi rất vui  được gặp anh(私はあなたに会うことができたのでとてもうれしい)」が省略された形が「rất vui được gặp anh」なのです。会話での定型文なので当たり前のように省略されていますが、実際に構文分析すると結構高度な文であることがわかります。

 丸暗記するぐらいならスルーしろ

「rất vui được gặp anh」のフレーズの中には「程度を表す副詞」「前から修飾する例外的な副詞」「đượcの用法」「二人称の使い方」「主語の省略」「接続詞の省略」など重要な文法項目がたくさん詰まっています。この文を最初のほうに習ったら確実に消化不良を起こしてベトナム語が嫌になります。朝ごはんにビッグマックのスーパーサイズを出されるようなものです。筆者だったらこんな文は最初に教えずに絶対スルーします。

これらの重要項目を一切無視してフレーズを丸ごと覚えるという方法もあるでしょう。しかし丸暗記ほど無意味な勉強はありません。丸暗記するぐらいなら最初から覚えないほうがいいと思います。「rất vui được gặp anh」なんてフレーズはそんなに使わないし、「xin chào」で十分に対応できます。

まとめ

「rất vui được gặp anh」のフレーズは最初に覚えるな!

Pocket

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です