vol.53 漢越と純粋ベトナム語のハーフ!?




ベトナム語にはもともと漢語に由来するが、場所や人の移り変わりや時の流れなどによって変化した「元漢越」のような単語が存在します。

そのような正式な漢越語の体系から外れた亜種のようなものを専門用語で「俗漢字音」や「訛音(かおん)」と言います。

たとえばxe máy(バイク)やxe buýt(バス)などの車両の総称に使うxe【車】という単語は正式な漢越語ではなく、xa【車】が変化した俗漢字音です。

またxin chàoのxinもthỉnh【請(セイ)】がなまったものです。

このように一見純粋ベトナム語に見えるが、実はもともと漢越だったという単語は他にもいっぱいあります。

俗漢字音の例

俗漢字音 もとの漢越語
tuổi(〜歳)tuế【歳】
ngoài(外の)ngoại【外】
mũ(帽子)mạo【帽】
cám(感じる)cảm【感】
qua(過ぎる)quá【過】

このような俗漢字音レベルまでくるとこれらがもともと中国からの漢語由来だと意識しているベトナム人はほとんどいなくなります。

そして俗漢字音まで含めたら漢語由来のベトナム語の比率はもっと上がります。ベトナム語と漢語は切っても切り離せない関係だと言っても過言ではありません。

まとめ

俗漢字音も漢越語の一種としてとらえておきましょう。

Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください