vol.22 Tôiは「中立」「疎遠」「謙遜」

   

40bfacbcc7c026adf9dbc358f0a5becc7a53edd9

ベトナム人は「tôi」をほとんど使わない

ベトナム語で一番最初に習う自己紹介のフレーズ「tôi tên là…」のtôiという単語。ベトナム語の書籍では当たり前のように「私」という意味で訳されるけど、実際にベトナム人は日常会話でtôiという単語をほとんど、というか全く使わない。「えっ!?そうなの!?」なんて思った人はまだまだベトナム語の人称代名詞の勉強が足りない。

ベトナム語の「わたし」や「あなた」にあたる一人称、二人称は性別、年齢、職業などによって相対的に変化する。Tôiはそれらを無視した中立的、絶対的な意味での「私」。つまりベトナム人からすると全く親しみを感じず、丁寧すぎて距離をおかれた印象を受ける(日本語でいうと「わたし」ではなく「わたくし」に近い)。だから普段の会話では全くといっていいほど使わない。試しに仲良くなった人と会話でtôiを使ってみると、すぐに「それ変だよ。」とツッコまれて訂正されるはずだ。

ちなみにtôiのもともとの意味は「下僕」「しもべ」という意味で、日本語の「僕」の由来にも似ており、自分がへりくだった意味も含んでいる。

まとめ

Tôiの本質は「中立」「疎遠」「謙遜」。日常会話では使わない。tôiから卒業して相手に合わせた一人称、二人称を早く使いこなせるようにしよう。

あまりオススメしないけどtôiの応用編として、あまり仲良くなりたくない人、距離を置きたい人に対してわざとtôiを使う方法もある。しつこくてやたら絡んでくるうざいベトナム人に対してtôiをずっと使ってたら向こうから離れていってくれるかも!?(笑)

Pocket

 - 人称代名詞, 文法