発音講座開講中!!

vol.460 vângとdạの違い




市販の参考書には「はい」という意味で紹介されているvângやdạですが、この2つには違いがあり、vâng = dạとはならない場合もたくさんあります。どちらも非常に大事な言葉なので細かい違いまで理解しておきましょう。

vâng=丁寧な「はい」 ※北部限定

vângは相手の言ったことへの〈賛成・同意・承認〉を表す「はい」という意味です。主に年下から年上の人に対して使う丁寧な返答になります。
逆に年上から年下など丁寧に言う必要のない「はい、うん」は” ừ “を使います。

もともとvângは「相手の言ったことに従う」という意味があります。 つまりvângは「(あなたの言うことに)従います」と言っているわけです。この動詞の意味から丁寧な返事の「はい」に派生したと考えられます。

ただしvângは北部で使われる言葉で、中部や南部出身の人はvângは一切使いません。もちろん中南部でvângと言っても通じますが、相手に「北部の言葉だな」という印象を与えます。

※まれに南部で北部弁や北部の言葉を話すと注意してきたり、不快感を示したりする南部人もいます。

外国人なら北部の言葉に固執せず、郷に入らば語に従えの精神でいきましょう。

dạ

dạは2つ用法があります。

①丁寧な「はい」

相手の言ったことへの〈賛成・同意・承認〉を表す「はい」です。主に年下から年上の人に対して使う丁寧な返答になります。vângと使い方は同じです。

肯定の返事のdạは主に中南部でよく使われます。中南部で「はい」を言う場合はvângではなくdạを使いましょう。

②返事の前置き、発話する時の丁寧なクッション言葉

dạには実はもう一つ用法があります。それは相手の質問に対して自分が返答する時の最初に発する丁寧言葉です。

相手の質問を受け取り、これから自分が返答するまでの間のクッション言葉とみることもできます。

この場合のdạは明確な日本語訳はありません。「丁寧さをあらわす前置きのしるし」みたいなものだと思ってください。

dạ、vâng、khôngの組み合わせ正誤パターン

○dạ, vâng=はい、そうです
→「前置き+肯定の返事」なので可です。丁寧な言い方で、北部限定で使われます。

○dạ, không=いいえ、違います
→「前置き+否定の返事」なのでこれも可です。丁寧な言い方です。

☓ vâng, không=はい、いいえ
→「肯定の返事+否定の返事」が混在しているので不可です。

dạの後に続く返答パターン

日常会話で頻繁に使われるdạの後ろにつく返答パターンを見てみましょう。

  • dạ, có⇔dạ, không
    はい、あります / そうです⇔いいえ、ありません / そうではありません

存在や所有を示すときの「はい」及びそれの否定です。「(có)~không?=〜しますか」の疑問文の返答によく使われます。

  • dạ, phải / đúng⇔dạ, không phải / đúng
    はい、そうです⇔いいえ、違います

phảiとđúngは「正しい」という意味です。

  • dạ, rồi⇔dạ, chưa
    はい、わかりました / できました⇔いいえ、まだです。

完了や成立を示すときの「はい」及びそれの否定です。「~chưa?= もう〜しましたか?」の疑問文の返答によく使われます。

  • dạ, được⇔dạ, không được
    はい、できます⇔いいえ、できません

可能や許可を示すときの「はい」及びそれの否定です。「~được không?= 〜できますか?」の疑問文の返答によく使われます。

まとめ

vângは肯定を表す丁寧な返事です。dạはvângと同じ使い方もできれば、返事の前置きとして様々な返答を後ろに続けることもできます。





2件のコメント

ベトナムの女の子とLINEでやり取りをする時に、その子がDạと返事をしていたので、真似て、Dạ と言ったら、それは若者が使うと言われたので、何と返事したらいいのだろうと思っていました。
年長者は ừ でいいんですね!
ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください