発音講座開講中!!

vol.472 cảのコアと用法




cảは日常会話の様々な場面で用いられる単語ですが、意味が捉えづらく、どのように使えばいいのかわからない人もいるでしょう。

まずはcảの中心的な意味と用法を理解し、cảを使った様々な熟語や表現を合わせて覚え、cảを使いこなせるようにしましょう。

cảは〈包含〉

cảの中心的な意味は〈包含(ほうがん)〉です。つまりcảの内側にすべてを包んで含むことを表します。「cả + 名詞」の形で用いて、「(名詞の中を含んだ)全部の、すべての、~中」という意味になります。

例文

cả hai đều thích ăn phở
二人ともフォーを食べるのが好きです。
※cả hai=両方、二人とも

cả ngày tôi ở nhà làm việc.
一日中家にいて仕事をしていた。
※cả ngày=一日中

・mời cả nhà ăn cơm nhé.
みなさん召し上がってください。
※cả nhà=家中、家の人全員

・anh yêu em cả đời.
君を一生愛するよ。
※cả đời=一生

・bực cả mình.
めっちゃイライラする。
※「bực=イラつく」ことが「cả mình=全自分」にまで及んでいるという意味です。

・mất cả vui.
しらけた。
※「cả vui=あらゆる楽しみ」が「mất=失う」という意味です。

tất cảとcảの違い

tất cảとcảはどちらも「すべて」という意味になりますがどう違うのでしょうか。例文を比較して考えてみましょう。

tất cả các công ty bị cách ly.
すべての会社が隔離された。

上の文はA社、B社、C社すべての各会社が隔離されたという意味です。

一方で

cả công ty bị cách ly.
会社中が隔離された。

この文は一社の中の社員全員が隔離されたという意味です。

つまりtất cả + 名詞は「名詞というもの各々すべて」という意味で、cả + 名詞は「名詞の中のすべて」という意味です。tất cảとcảは日本語の意味は似ていますが、中身が大きく異なりますので注意してください。

否定の強調 「ちっとも~ない、まったく~ない」

khôngなどの否定語及び疑問詞とセットで用いて、cảを文末に置くと「ちっとも~ない、まったく~ない」という否定の強調を表します。一般化すると「không + V ~ + 疑問詞 + cả」の形になります。

この用法は「包含(すべてを含むこと)を強く否定する→ちっとも~ない、まったく~ない」という意味になると考えてください。

例文

・không ai đến đây cả.
誰一人ここに来やしない。

・không hiểu gì cả.
さっぱりわからない。

・không muốn đi đâu cả.
どこにも行きたくない。

・không có gì cả.
何でもない、全く問題ない。

・chẳng vui vẻ gì cả.
ちっとも楽しくない。

この用法の場合、「何も、どこにも」などの意味で各疑問詞が本来の疑問の意味を失い、cảと合わせて否定を強調している点もポイントです。

追加 「~でさえも、~までも、~を含めて」

cảには「~でさえも、~までも、~を含めて」などの追加の意味もあります。これもやはり〈内側に含んでいることを強調〉していることから追加の意味を考えることができます。

追加のcảの用法では以下の3つの構文を覚えておきましょう。

cả A lẫn B=AだけでなくBまでも

追加のcảに「~も、~とともに」という意味のlẫnを組み合わせると「AだけでなくBまでも」という意味の構文になります。A,Bには主に名詞がきます。

この表現は頻出構文の「không những(chỉ) A mà còn(cũng) B=AだけでなくBも」と意味は同じです。ただしこの構文の場合、A,Bには主に動詞や形容詞などがきます。

例文

cả tôi lẫn chị thích ăn cá.
私だけでなくあなたも魚を食べるのが好きです。

・tôi đang học cả tiếng Nhật lẫn tiếng Trung.
私は日本語だけでなく中国語も勉強している。

・khi cả đi chơi lẫn đi học em mặc áo này.
遊びに行く時だけでなく学校に行く時もこの服を着ます。

Ngay cả S cũng V=Sでさえも、Sまでも

追加のcảに「まさに、ちょうど」という意味の強調のngayを組み合わせると「~でさえも、~までも」という意味の構文になります。Vの前のcũngをつけるのも忘れないようにしましょう。

例文

Ngay cả người Nhật cũng không biết điều đó.
日本人でさえもそのことは知らないです。

Ngay cả người lớn như tôi cũng thích xem bộ phim hoạt hình này.
私のような大人でもこのアニメを見るのが好きです。

・Hôm nay mọi người đi uống bia. Ngay cả Anh Tanaka cũng đi uống bia.
今日はみんなビールを飲みに行きます。田中さんまでもがビールを飲みに行きます。

kể cả + [名詞]=[名詞]を含めて

追加のcảに「考慮に入れる」という意味の動詞kểを組み合わせると、「〜を含めて」という意味の前置詞になります。bao gồm~と同じ意味です。

kể cả〜の後ろには名詞がきて、主に文末に置かれます。

例文

・ở đây có 5 người, kể cả tôi.
私を含めてここに5人います。

・không ai đồng ý với anh ấy, kể cả gia đình anh ấy.
彼の家族を含めて誰も彼に同意しなかった。

・lúc nào tôi cũng đi, kể cả khi trời mưa.
雨であろうと、私はいつでも行く。

※上の例文のようにkể cảが「〜を含む」という意味から「〜でさえも、〜であっても」のようにkể cả以下を強調する訳になることもあります。

また、kểには「語る、話を聞かせる」という意味でもよく使うのでこちらも覚えておきましょう。

形容詞のcả 「程度が高い、一番上の」

cảは形容詞として「程度が高い、一番上の」という意味もあります。
ただしこの用法はある特定の単語としか組み合わせられないので以下の単語を覚えておけば十分です。

・anh cả=長男、一番上の兄

※2020年10月に発生したベトナム人による家畜連続窃盗事件の主犯格として疑われた「群馬のアニキ」はベトナム語でAnh Cả Gunmaと言います。まさに日本語の「アニキ」のように、血縁関係になくてもAnh cảと呼ぶこともできます。

・chị cả=長女、一番上の姉

・con cả=長子、最初の子、一番上の子

・con cả của tôi mới kết hôn rồi.
私の一番上の子は結婚したばかりです。

・già cả=(だいぶ)高齢の

・Ba già cả rồi nên đừng làm việc nặng quá
父はだいぶ高齢になったので、ハードな仕事をしないでください。

まとめ

  • cảの中心的な意味は包含〉。「cả + 名詞」の形で(名詞の中を含んだ)全部の、すべての、~中という意味になる。
  • 「không + V ~ + 疑問詞 + cả」の形で「ちっとも~ない、まったく~ない」という意味の否定の強調を表す。
  • 追加のcảを使った「cả A lẫn B=AだけでなくBまでも」、「Ngay cả S cũng V=Sでさえも、Sまでも」、「kể cả + [名詞]=[名詞]を含めて」の構文を覚えておこう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください