vol.78 phởは「フォー」とは読まない!

11個目の頭子音[ph-]の発音を紹介します。

①~⑩までの子音の解説のリンクは以下を参照してください。
①b-②t-③th-
④r-
⑤đ-⑥ch-⑦tr-
⑧c-,k-⑨q-
⑩kh-

⑪子音[ph-]の特徴

英語の[f]の発音。前歯と下唇をくっつけたまま「フー」と息を出す。

[ph-]は英語の[f]の発音と同じです。「iphone」の[ph]の部分の発音と同じです。ベトナム語は[f]のアルファベットを使わないので[f]の文字の代わりに[ph-]が使われていると考えましょう。
英語の[f]の発音はよく「下唇を噛む」と教わりますが、噛むのではなく、前歯と下唇をくっつける程度でいいと思います。前歯と下唇をくっつけた状態で「フー」と息を出せば自然な[f]の発音になります。

※phaと発音しています。

1582910

※おまけ まちがった[f]の発音(笑)

phở屋さんで「フォー」と言っても通じない

ちなみにあのベトナム麺「フォー」はphởと表記します。なので先ほどの[ph-]の発音をしなければなりません。経験ある方もいると思いますが、日本語の感覚で「フォー」といってもベトナム人には120%通じません。日本語の「フォ」の音は前歯と下唇がくっつかない音だからです。また、phởの後ろの「ở」の部分も日本人には難しい発音なのでphởをきちんと発音するのは実は結構難しいです。

※実際のphởの発音

日本語の「フォー」の発音とはだいぶ違うことがわかりますか。

まとめ

子音[ph-]は英語の[f]の発音と同じ。前歯と下唇をくっつけたまま「フー」と息を出す。
フォー屋さんに行ったときには一発で「phở」を注文できるようにまずは[ph-]の発音をしっかりおさえましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です