vol.335 ベトナム語のアルファベットの読み方

スポンサーリンク




みなさん、ベトナム語のアルファベットの単独での読み方を知っていますか?

ベトナム語はアルファベットを使っています。しかしA, B, Cは英語のように「エー、ビー、シー」とは読みません。

各母音や子音の発音を知っている人でも、そのもとになるアルファベットの単独での読み方を知っている人はあまりいません。

ベトナム語のアルファベットの読み方はベトナム人が小学校1年生の時(最近では小学校に上がる前の幼児期)に習う事柄です。なので我々のようなベトナム語を学習中の外国人もこの機会にしっかり覚えておかなければなりません。

母音の読み方

アルファベット 読み方
a a
ă á
â
e e
ê ê
i(y) i(y)
o o
ô ô
ơ ơ
u u
ư ư

母音は単独の場合でも基本的には読み方は同じです。

注意してほしいのは短母音のăとâの読み方です。短母音のă, âはベトナム語の発音のルール上「単独では発音できない」ことになっています。

だからăとâに対応する長母音のaとơに無理やり<鋭い声調>を入れて、ăはáと、âはと読んで短母音と長母音を区別しています。

ăとa、âとơの違いは「音の長さ」だけです。つまり口の形や舌の位置は全部同じだということです。だからそれぞれのアルファベットは入れ替えが可能なのです。

vol.332 ベトナム語の発音は「母音の長さ」も大事!

2017.12.24

子音の読み方

アルファベット 読み方
 b bờ
 c cờ
 d dờ
 đ đờ
 g gờ
 h hờ
 k ca
 l lờ
 m mờ
 n nờ
 p pờ
 q quờ, (qu)
 r rờ
 s sờ
 t tờ
 v vờ
 x xờ
 ch chờ
 gi giờ
 kh khờ
 ng ngờ
 nh nhờ
 ph phờ
 th thờ
 tr trờ

子音の読み方は原則として「子音+ờ」でokです。少し変則的なのはアルファベットのkとqの読み方です。

子音kはアルファベットのcと同じ[c-]系の音で発音します。しかしcの読み方ですでに[cờ]のパターンを使ってしまっているため、cと区別するためにkは[ca]と音を変えて読みます。

qに関しては必ず母音のuとくっつくので[quờ]もしくは[qu]とuとセットで読みます。

参考 アルファベット読み 音声

上記のアルファベットの読み方の実際の音声の動画があったので参考にしてください。

文字をクリックしたときに出る音声がアルファベットの読み方になります。

でもこの読み方を覚えてどうするの?

実際ベトナム語を読む際には単語単位でまとまって発音するため、上のような単独でのアルファベットの読み方を覚えたところで役に立たないと思う人もいるかもしれません。

しかし実はベトナム語のスペルのつづり方(cách đánh vần)を伝える際にこのアルファベットの単独発音の知識が役に立ちます。

つまりベトナム人がベトナム語のスペルを口頭で言う場合、ベトナム人はcách đánh vầnを使ってスペルを伝えますが、その前提として上のアルファベットの読み方が必要だということです。

よく言っていることがわからないかと思いますが、次回の「ベトナム語のスペルのつづり方(cách đánh vần)」を読めばトマトが何を伝えたかったのかスッキリすると思います。

では次回をお楽しみに!

Pocket

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です